姫路市立曽左小学校
 
地域ボランティア
スクールヘルパー
を募集しています

 学校及び子どもの安全のために、姫路市では平成16年度より「スクールヘルパー制度」を立ち上げております。曽左小学校においても、地域の方や保護者の皆さんにご協力いただいて活動を進めてまいりました。ボランティア活動でもあるので、できる人ができる時間帯を選んで活動していただくことを前提に取り組んでおります。しかし、スクールヘルパー反省会では、「最近の社会状況からヘルパー室の空き時間帯が多くあるのは不安である。もっと保護者の皆さんが認識を高めて、1週間のどこかに2時間の活動時間をとってもらえないか。」「毎週の活動が無理ならせめて1ヵ月に1回2時間の活動はできるのではないか。」といった切実なご意見をいただいています。お忙しいとは思いますがお誘い合わせの上ご参加いただきますようお願いいたします。
 
<<主な活動は>>

 ■来校者にスクールヘルパー室からインターフォンで応対します。
  (インターホン・防犯カメラ・パトライトを設置しています)
  防犯カメラ・・・スクールヘルパー室で正門の様子がわかります。
  インターフォン・・・来校者に名前・用件を聞き応対します。
  パトライト・・・校門が開いているとライトが点灯します。
   
 ■校内を巡視します。
  (子どもたちへの声かけ・あいさつ・安全確認)

 ■不審者を発見したら、子どもを遠ざけ、職員室に連絡します

 ■1日2時間を単位に活動します
  下の表のような振り分けになっています。
  児童の安全確保のためにはすべての枠が埋まることが強く望まれます。

 1   8:00〜10:00 ___ ___ ___ ___ ___
 2  10:00〜12:00 ___ ___ ___ ___ ___
 3  12:00〜14:00 ___ ___ ___ ___ ___
 4  14:00〜16:00 ___ ___ ___ ___ ___
スクールヘルパー室にある予定表に、希望される時間帯を選んで書き込んでいただきます。
 
<<ご協力いただける方は>>

 ■曽左小学校まで、電話で御連絡ください。
  詳しいことをお知りになりたい方も電話してください。
  (Tel.266−1073 教頭まで)

 ■スクールヘルパー室に置いています申込み用紙に記入して提出ください

 ■申込みは一年中受け付けます。
 
 
 平成16年度より多くの方々にお世話になっていますが、まだまだヘルパー控え室に誰もいないという時間が多くあります。1ヶ月に1回2時間の活動を仲のよいお友達同士一緒にヘルパー控え室においでくださるというのが、1番参加しやすいと思います。多くの皆さんがあまり負担にならずに、参加していただくため、各自がお名前を都合の良い時間帯を選んで書き込みしていただくようにしています。
多数の申込みを待っています。

ヘルパー室の様子はこちらです