曽左小学校−学校だより

 (4 年 生)  2017年11月13日(月)
 音楽会


11月3日(金)音楽会がありました。
合唱「明日という日が」では、高音と低音の歌声がしっかり聞こえて、今までで一番の歌でした。
合奏「マンボNo.5]でも指揮をよく見て心を一つにすばらしい、最高の演奏でした。
4年生の持っている力に感動しました。
No.3202

 (4 年 生)  2017年09月20日(水)
 運動会の練習


先週から運動会の練習が始まりました。
3・4年生のダンスは「前前前世」「with you」の曲で「ダンダンダンス」。
曲を発表した時、大歓声が。
練習が始まったら、どの子も楽しそうに元気いっぱい踊っていました。
すばらしいダンスになるのではないかという予感しかしません。
今から本番が楽しみです!
No.3195

 (4 年 生)  2017年07月31日(月)
 社会科見学


7月には「エコパークあぼし」、「姫路科学館」に行きました。エコパークでは、社会科で学習したゴミの行方を目で見て理解を深めました。体験型の学習や、映像、ゲームなどを通じて楽しく学習してきました。また、科学館では、プラネタリウムを鑑賞し、星の名前や星座の成り立ちについて学習しました。
No.3185

 (4 年 生)  2017年07月31日(月)
 書写養護学校との学校間交流


4年生では総合的な学習の中で書写養護学校のお友達と交流を行っています。一学期は、曽左小学校の4年生が書写養護学校へ行き、手作りメダルをペアの子にプレゼントしました。ペアの子と手遊びやダンスをすることで新しいお友達との仲を深め合いました。
No.3184

 (4 年 生)  2017年07月31日(月)
 一年生を迎える会


新たに入学してきた1年生に向けて、「曽左っ子戦隊ヨネンジャー」を披露しました。各クラスごとに、4年生になるまでにどんなことができるようになったかを楽しく紹介しました。1組は「算数のたし算」、2組は「九九」、3組は「リコーダー」、4年生は「林間学校に向けて」をしました。元気いっぱいのヨネンジャーがたくさんの1年生を笑顔にさせました。
No.3183

 (4 年 生)  2016年10月15日(土)
 消防教室


10月4日の3、4時間目に姫路西消防署飾西出張所の方を講師に迎えて消防教室を実施しました。当日はオープンスクールであったため、保護者の方も多く見学に来ていただきました。子供たちは、消防車や救急車の説明を真剣に聞いたり、気になることを質問したりしました。また、火事から身を守っている消防服やヘルメットを着用させてもらいました。最後には、消防隊員の方が消防服の着用からホースを使っての放水までを実際さながらのスピードで実践しただき、社会科で学習している「安全なくらしを守っている消防」についてとても勉強になりました。
No.3162

 (4 年 生)  2016年10月14日(金)
 書写養護学校交流


9月27日、28日に曽左小学校の4年生と書写養護学校との学校間交流がありました。曽左校区にある書写養護学校がどんなところか、また、曽左小学校にはない便利なものなどを教えてもらいました。説明してくださる先生の話をとても真剣に聞いていました。また、グループに分かれて書写養護学校の友だちと楽しいふれあい活動をしました。短時間でしたが、楽しい活動ができました。11月には2回目の交流があります。人間関係が広げられる交流ができるといいですね。
No.3161

 (4 年 生)  2016年02月03日(水)
 オープンスクールありがとうございました。


1月28日(木)のオープンスクールにおいては,寒い中,たくさんのご参観ありがとうございました。助産師の斎藤先生を招き,いのちのお話をしていただきました。お腹の中にいた時の様子を学んだり,赤ちゃん人形を抱き,重さを実感したりして,貴重な体験をしました。これを機に,またご家庭で誕生の時の様子を話してやってください。なわとび記録会では,練習を積み重ね,多くの児童がベストを出すことができました。
No.3121

 (4 年 生)  2016年01月14日(木)
 三学期が始まりました!!


 連休を終えて、三学期が本格的に始まりました。
 短い三学期ですが、朗読会やなわとび記録会、二分の一成人式など、多くの行事があります。子どもたちの学習で保護者の方々のご協力が必要となりますが、よろしくお願いします。
No.3115

 (4 年 生)  2015年11月12日(木)
 点字教室


11月12日,目の不自由な方をお招きして,お話を聞きました。普段どのように調理しているのかを映像で見せてもらったり,実際に使っている道具を見せてもらったりしました。初めて見る道具に子どもたちは興味深々の様子でした。授業の最後にはたくさんの質問をして,しっかりと学んだ一時間でした。
No.3106

[1][2] [3] [4] [5]